FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/07/14.Mon

その後

今日はお盆
岐阜市は旧暦の7月のお盆が多いのです。
ですから、お寺からおっさま(和尚様のこと)にお出でいただきます。

以前は、展示場所として使用していた和室に繋がる土間に
ご先祖様やおっさまのお迎えのためのしつらいを・・

青い水鉢にハナズオウとブリキの金魚
Hanazuou-2G_20140714.jpg



本当は水鉢いっぱいに水を張りたかったのですが
後で水を抜くのが大変なので
中に小さな花瓶を置いて手を抜きました。
でも、ブリキの金魚が
涼しげに泳いでくれています。
Hanazuou-1_20140714.jpg
スポンサーサイト
しつらい
2014/04/08.Tue

小屋組み

のぶずは築100年以上の古民家を改装して使用しています。

建物をギャラリーとして使用するため
細かい間取りを取り除いて
天井も取り外しました。

天井を取り外すと、屋根裏の小屋組みが見えてきます。
Nobus-5_20140408.jpg

従来、天井があった高さまでは、真っ白な壁にしましたが
その上は、当時のまま残してあります。
Nobus-1_20140408.jpg

大津壁で仕上げられた壁も傷やひび割れなど、
この建物が過してきた歴史が刻まれています。
Nobus-4_20140408.jpg

部屋によっては屋根裏の壁が仕上げられていないところもあります。
そこには、竹木舞に泥をぬっただけの壁がとても面白い表情をみせています。
Nobus-2_20140408.jpg

Nobus-3_20140408.jpg
しつらい | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/26.Wed

土間

のぶずの玄関を入ったところは土間になっています

そしてその空間はひとつの部屋になっています

俗な言い方をすれば「風除室」

この部屋には屋外と屋内の両方の雰囲気を持たせてあります

玄関の扉を開けてから展示室に入っていく間に

展覧会に来たんだって

徐々に気持ちを切り替えていただくことが目的です

お茶会での露地(茶庭)と同じような役割です

露地を少し意識して、土間には霰零し(あられこぼし)風に石を敷きました

この部屋から展示室に入るとき、一対の扉を開けていただきます

この扉を入ると展示室です

Entrance-1_20140326.jpg

Entrance-3_20140326.jpg
しつらい | Comments(0) | Trackback(0)
2014/01/21.Tue

水仙

ご近所さんから水仙をいただきました。

さっそく妻が活けて

ギャラリーの中、2箇所に

飾られています。

のぶずのガーデンにも水仙は沢山あるのですが

まだまだ芽が出ている程度

開花にはもう少し時間がかかります。

今の時期、お花をいただくと

とてもうれしいですね。

Suisen-2_20140121.jpg

Suisen-1_20140121.jpg
しつらい | Comments(0) | Trackback(0)
2014/01/14.Tue

椿

お客様をおもてなしするために

庭に咲いている花を活けるのは妻の仕事

冬は花が少ないので椿が活けられていることが多いのですが

今日は、焼き締めの品のある一輪挿しに、椿一輪。

おとな の おもてなし
Shitsurai-1_20140114.jpg
焼き締めの一輪挿し:大橋睦 作
しつらい | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。