--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/02/24.Sun

作家さん紹介 岡本のぶ代さん

のぶずに作品を常設展示していただいている

作家さんをご紹介しています


今回は、岡本のぶ代さん(岐阜県各務ヶ原市)

さおり織りの手法を取り入れた自分流の織物を創っておられます。

岡本さんには、いろいろな織物を常設展示していただいております。
Okamoto-5_20130224.jpg

今回は、春夏に特にお勧めの
ストールをご紹介します。
Okamoto-1_20130224.jpg

白に近いベージュをベースに、抹茶色、薄い茶色のストライプが入った
草木染のシルク糸で織られたストールです。
アースカラーの配色がさわやかです。
Okamoto-4_20130224.jpg
手洗い可能とのことです。

使い方は、いろいろ。
たとえば、
こんな使い方や
Okamoto-3_20130224.jpg
こんな使い方
Okamoto-2_20130224.jpg
スポンサーサイト
岡本のぶ代さん | Comments(2) | Trackback(0)
2013/02/23.Sat

作家さん紹介 新美隆昌さん(テラコッタ新美)

のぶずに作品を常設展示していただいている

作家さんをご紹介しています


今回は、新美隆昌さん(テラコッタ新美 愛知県西尾市)

テラコッタのコンテナ(鉢)や、オブジェの作家さんです。

新美さんとは先代のお父さんからのお付き合い。
私たちがまだガーデニングの仕事をしていた頃からですから、
ずいぶん長いお付き合いです。

素焼きの鉢は、寒いと凍結して割れたりしますが、
新美さんの鉢は、割れることが少ないので安心して使えます。
私たちは、新美さんの鉢しか使いません。

現在のぶずで展示しているテラコッタの作品は
むか~し作られていたものを、復刻していただきました。
理由は、私たちが好きだから

最初に、なんと言ってもハリネズミ
Niimi_Harinezumi_20130223.jpg
このハリネズミ、大昔購入したものが
のぶずにいます。
のぶずのホームページに登場していますが
すっかり年季が入ってとてもいい感じになっています。
Blog20130121.jpg
この古びたハリネズミ、とても評判なので
無理言って復刻していただきました。

次の猫も復刻版
玄関で「おかえり!」猫ちゃんです。
Niimi_Cat-2_20130223.jpg
この猫ちゃん、時代とともにだんだん顔立ちなどが
変わってきています。
でも、私たちが好きなずいぶん古いタイプを
復刻してもらいました。

最後に、円錐形の鉢
この鉢は、新美さんの工房の庭で
寄せ植えに使われていたものに一目ぼれ、
これも是非にと復刻していただきました。
Niimi_Container_20130223.jpg
鉄の脚付きで、大中2種類あります。

これから暖かくなってきましたら
新美さんの作品、増えるかも

Niimi_Cat-Etc_20130223.jpg
新美隆昌さん | Comments(3) | Trackback(0)
2013/02/19.Tue

ホームページ作りました

のぶずのHP公開しました。

のぶずのHP

よろしくお願いします。
HP | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/15.Fri

はちみつとしょうがのカステラ風

お菓子作家のくみちゃんが、
体の事を思って作った
苦心の新作が焼きあがりました。

しょうがはすりおろして、たっぷり入っています。
バターは使わずなたね油で、
砂糖はきび砂糖というこだわり方。

柔らかな甘みに、ピリッとしょうがの効いた
体に優しいお菓子です。

粉糖の雪をかぶり、クランベリーと胡桃を乗せて...
Kumi_Cake_20130215.jpg
300円
ハーフサイズは200円
写真は、ハーフサイズ
カフェのこのごろ | Comments(2) | Trackback(0)
2013/02/15.Fri

mini bottle

Garage Studio Ri の中込律子さんが
現在開催中の「作家のつくるおひな様展」用に
新作のmini bottleを送ってくれました。

色、質感、形ともとても洗練された都会的センスのartといった印象です。
作家としても自信作とのことです。

もともとmini bottleはおひな様用として
作られているわけではありません。
「見方を変えることで、生活を楽しくできる。」
という作家と私達からの提案とでも言いましょうか。

とても素敵な作品です。
ぜひ実物をご覧になっていただきたいと思っています。
Nakagomi_Minibottle-1_20130215.jpg

Nakagomi_Minibottle-2_20130215.jpg

Nakagomi_Minibottle-3_20130215.jpg

このmini bottleのお雛様の「台」には
瓦の焼き方で作られたアンティークの平板を
組み合わせて見ました。(しかも裏面)
中込律子さん | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/09.Sat

薬味入れ

先日ツパイ工房さんのギャラリーを訪問したとき
とても可愛いし、きらきらときれいだったので
連れ帰った薬味入れ
Tsupai_SpicePot-1_20130209.jpg

お客様のおもてなし料理や
もちろん普段使いでも
こんな薬味入れに、
 唐辛子や山椒や生姜や浅葱や・・
 ・・・いいね。

ガラスの部分はガラス作家のゆうさんが製作
ふたは、金工作家の美樹さんが製作
Tsupai_SpicePot-3_20130209.jpg
ご夫婦で息の合った作品

透明のガラスには気泡がひとつずつ入って
光が当たるときらきら
Tsupai_SpicePot-2_20130209.jpg

ピアスや指輪だって・・
Tsupai_SpicePot-4_20130209.jpg
斎藤ゆうさん、美樹さん | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/08.Fri

森下真吾さん 竜の吾偶

森下真吾さんの
竜の吾偶が来てくれました。

Shingo_Ryu1_20130208.jpg

竜なのですが、独特のやさしさがあって、
Shingo_Ryu2_20130208.jpg

この表情は、真吾さんしか作り出すことは
できないでしょう。

背中には、一輪の花を背負うことができます。
Shingo_Ryu4_20130208.jpg
モヒカン狩りの頭や、
くるんとしたしっぽが愛らしい。
森下真吾さん | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。