--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/03/26.Wed

土間

のぶずの玄関を入ったところは土間になっています

そしてその空間はひとつの部屋になっています

俗な言い方をすれば「風除室」

この部屋には屋外と屋内の両方の雰囲気を持たせてあります

玄関の扉を開けてから展示室に入っていく間に

展覧会に来たんだって

徐々に気持ちを切り替えていただくことが目的です

お茶会での露地(茶庭)と同じような役割です

露地を少し意識して、土間には霰零し(あられこぼし)風に石を敷きました

この部屋から展示室に入るとき、一対の扉を開けていただきます

この扉を入ると展示室です

Entrance-1_20140326.jpg

Entrance-3_20140326.jpg
スポンサーサイト
しつらい | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/25.Tue

大橋睦の焼き締めのうつわ

大橋睦の創る焼き締めの器をご紹介します

大橋さんは山梨県北杜市武川町の山中に窯場を作られ、ここで薪を焚いて焼き締めの器を作っていらっしゃいます
釉薬を使わず、自ら熟成させた土と炎と灰の力で焼き上げた焼き締めの世界です

ただいま開催中の展覧会から、大橋睦の器をいくつかご紹介します。

大鉢
ただ置いておくだけでも美しい大鉢です
Ohashi-5_20140325.jpg

七寸平皿
Ohashi-6_20140325.jpg

Ohashi-7_20140325.jpg

四角皿
いろいろなサイズがありますから
組み合わせてお使いになると楽しいと思います
Ohashi-3_20140325.jpg

Ohashi-4_20140325.jpg

下から六寸、五寸、四寸、三寸
Ohashi-8_20140325.jpg


塩壺
焼き締めの器は中の水分を外に発散するため
この壺に塩や砂糖を入れておくと
ずっとさらさらのままに保つことが出来ます

のぶずのカフェコーナーでも、この壺を角砂糖入れにつかってみたのですが
黒糖の角砂糖は水分が抜けて、さらさらになってしまいました。
Ohashi-1_20140325.jpg

Ohashi-2_20140325.jpg
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/23.Sun

大橋睦 焼き締め、一瀬啓介・新子 染色展

大橋睦 焼き締め、一瀬啓介・新子 染色展

今回は一瀬さんが作られる草木染のバッグをご紹介します。

今回の展覧会で一番人気のバッグは
この草木染の刺繍入りバッグです。
残り2つになってしまいました。
お早めに
Ichinose-5_20140323.jpg
(21,000Yen 税込 麻・綿・革)

刺繍入りバッグには他にもこんなタイプもあります。
Ichinose-6_20140323.jpg
(各14,700Yen 税込 麻・綿・革)

あかねとヤシャブシで染めたバッグ(上)と
びわとヤシャブシで染めたバッグ(下)
Ichinose-7_20140323.jpg
(あかねとヤシャブシで染めたバッグ:各9,450Yen 税込 麻・綿・革)
(びわとヤシャブシで染めたバッグ:12,600Yen 税込 麻・綿・革)

小さめのミニBOX型バッグ
お部屋に置いて、小物入れにしてもよさそうです。
Ichinose-1_20140323.jpg
(各6,090Yen 税込 麻・綿・革)

帆布の園芸用バタフライバッグは柿渋染め
剪定ばさみを収納する部分には、革の内袋が付属しています。
Ichinose-2_20140323.jpg
革の内袋は、バッグのポケットにスナップで固定できます
Ichinose-4_20140323.jpg
(11,550Yen 税込 帆布・革)

同じく園芸用のヒップバッグ
柿渋染で、剪定ばさみの収納部は、中が革で補強(固定)されています。
Ichinose-3_20140323.jpg
(11,550Yen 税込 帆布・革)

その他
タペストリー、テーブルランナー、ポーチやペンケースなどの小物もあります。
3月30日(日)までの企画展です。
ぜひおいでください。
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/16.Sun

大橋睦 焼き締め、一瀬啓介・新子 染色展

今日は、大橋さんの焼き締めの花器をいくつかご紹介します。

花器は、のぶずの和室で展示中です。
和室を使った展示は珍しいので、ぜひご覧になっていただきたいと思います。

焼き締めの水盤
手びねりで創られているため、その不均一さがとても美しく出来上がっています。
Ohashi-Ichinose-c_20130416.jpg

窯変の掛け花
窯の中でも窯変を起こせる場所は限られますし、仕上がりは窯の中での土と炎と灰の状態に依存するため、美しく仕上がった器は希少です。
Ohashi-Ichinose-d_20130416.jpg

そのほか
そのほかにも色々な花器を展示しています。
Ohashi-Ichinose-b_20130416.jpg
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/15.Sat

大橋睦 焼き締め、一瀬啓介・新子 染色展

大橋睦 焼き締め、一瀬啓介・新子 染色展

二日目

大橋睦さんの焼き締めの器
常設展示でもとても人気ですが、今回は、新作ばかりの登場です。
大雪と格闘しながら、今回の展覧会の直前に薪窯で焼き上げられた作品
八ヶ岳から届けられた焼き締めの器、一見の価値ありです。

一瀬啓介・新子さんの草木染のバッグや小物
染めに使っている材料は、ヤシャブシやアカネや・・覚え切れません。
それに鉄漿(おはぐろ)などの染媒で微妙な色合いに発色させ、
板締めという手法で柄を描いたバッグや小物達
春らしさと一緒に南アルプスからの登場です。

今日もお天気快晴です。
今回は、のぶずのメインフロアと和室を使って全館での展示になっています。
みなさま、のんびりゆっくり、いらっしゃいませ。


大橋 睦の焼き締めは、八ヶ岳から
Ohashi-Ichinose-8_20130414.jpg

Ohashi-Ichinose-6_20130414.jpg

Ohashi-Ichinose-5_20130414.jpg

Ohashi-Ichinose-9_20130414.jpg

一瀬啓介・新子の染色は、南アルプスから
Ohashi-Ichinose-a_20130414.jpg

Ohashi-Ichinose-3_20130414.jpg

Ohashi-Ichinose-4_20130414.jpg

Ohashi-Ichinose-2_20130414.jpg
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/13.Thu

大橋睦 焼き締め、一瀬啓介・新子 染色展

明日、3月14日(金)より

大橋睦 焼き締め、一瀬啓介・新子 染色展

始まります。

ただいま、一生懸命陳列しています。

今回は、メインフロアと和室の両方を使った展示です。

皆様のお越しをお待ちしております。


大橋睦さんは、山梨県北杜市武川町の山中に窯場を作られ、ここで薪を焚いて焼き締めの器を作っていらっしゃいます。
釉薬を使わず、自ら熟成させた土と炎と灰の力で焼き上げた焼き締めの世界をご堪能ください。
MutsumiDM-1_20140127.jpg


一瀬さんからはメッセージがあります。
色は草木を煮出して染めたものです。
柄は”板締め手法”といいまして、板と板の間に
布を挟んで染めるという方法で描いています。
素材は、麻・綿が中心です。
デザインから染め、縫製までの全てを私共で行っております。
IchinoseDM-1_20140203.jpg

展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/09.Sun

終了しました

森山淳×津村郁美 作品展

大雪のため、開催が危ぶまれましたが、
予定通りのスケジュールで会期を終えることができました。
雪に閉ざされた北杜市からの出展のため、とても沢山の努力をしていただきました
森山さん、津村さんには大変感謝しております。ありがとうございました。

また、会期中おいでいただきましたお客様や、
作品をお求めいただきましたお客様には、
作家共々心から御礼申し上げます。

Moriyama-p_20140309.jpg
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/09.Sun

最終日です

森山淳×津村郁美 作品展

いよいよ、本日最終日です。


Moriyama-o_20140309.jpg
森山淳の青白磁の香炉
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/07.Fri

森山淳の磁器

森山淳×津村郁美 作品展

残すところ、明日、明後日の二日のみとなりました。

ぜひお見逃しなく、お洒落な作品たちがお待ちしております。



森村さんの作品をいくつかご紹介します。

市松大皿(青白磁)と組花器(青白磁)の組み合わせ
Moriyama-n_20140307.jpg
植物はドライの麦


線紋花器の青白磁と緑白磁を二つ縦に並べて
Moriyama-m_20140307.jpg
植物は、ハイドランジャー・アナベルのドライ

複数の器を組み合わせることで、楽しいディスプレイになります。
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/03/01.Sat

津村郁美のペンダントライト

森山淳×津村郁美 作品展

今回は津村さんが絵付けしたシェードのペンダントをご紹介します。
磁器のシェードは、中の灯がほのかに透けていて、暖かい印象です。




筒型のペンダント
絵柄はルッコラ等のハーブ
Moriyama-g_20140301.jpg

釣鐘型のペンダント
絵柄はボリジ
Moriyama-j_20140301.jpg

きのこ型のペンダント
絵柄はハーブ
Moriyama-h_20140301.jpg

浅広型のペンダント
絵柄はスイカズラ、クレマチスなど
Moriyama-i_20140301.jpg
このシェードは内側にも絵付けされていて
点灯すると外に透けてよい感じです。

和室にも、洋室にもお使いいただけると思います。
Moriyama-k_20140301.jpg

Moriyama-l_20140301.jpg



コード長は2m以下でしたらお好みのサイズに変更可能です。
展覧会 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。